One Access

お出かけや旅行、グルメや文化など、幅広くご紹介♪

せせらぎと鳥の声に癒される♪宝篋山・常願寺コースの登山口・駐車場・詳細を徹底紹介【茨城】

つくば市で筑波山について人気の山「宝篋山」!様々なコースが用意されている宝篋山ですが、今回は「常願寺コース」について、見どころや登山道の様子を徹底紹介♪

初心者でも気軽にチャレンジできるほか、都内からの日帰りもOKなので、ぜひチェックしてみて下さいね!

\都心から日帰りOK♪首都圏の山10選の記事はコチラから▼/

tripnote.jp

※上記記事は筆者がトラベルライターとして活動しているトリップノートで執筆したものです。

宝篋山って、どんな山?

宝篋山(ほうきょうさん)は、茨城県つくば市の北東部にある標高461mの山です。

主な登山コースは6つほどあり、標準タイムが1番長いものでも2時間10分ほどで登ることができるので、都内からの日帰り登山にもオススメです。

山頂からは360度の大パノラマを楽しむことができ、筑波山や霞ヶ浦をはじめ、関東平野や、空気が澄んでいる日には富士山も見ることができます。

つくば市内では筑波山に次いで人気の山で、1年を通して多くの登山客で賑わいます。

宝篋山・常願寺コースについて

様々なコースが楽しめる宝篋山ですが、今回は「常願寺コース」についてご紹介していきます!

常願寺コースの登山口は極楽寺コースと同じ宝篋山小田休憩所からで、田園風景を東へ抜けて登山道へ。沢沿いを登り、純平歩道との分岐を越え、尖浅間(とがりせんげん)を経由して宝篋山山頂を目指します。

◆「宝篋山・常願寺コース」の概要◆
コース:小田休憩所から尖浅間を経由して宝篋山山頂を目指すコース
難易度:登山初心からOK!
距離:約4km
所要時間:登り約2時間10分/下り約1時間50分
参考HP宝篋山|つくば市公式ウェブサイト


宝篋山の6つの登山コースのなかで、距離・所要時間共に最も長いコース

ですが、危険な箇所やそこまでの急登もないので、登山初心者でも気軽にチャレンジできるコースですよ(*´▽`*)

川のせせらぎに鳥の声!宝篋山・常願寺コースを登ろう♪

ではさっそく常願寺コースのポイントとなる通過点や見どころについてご紹介していきます!

今回は下記の順で、写真付きで詳しくお伝えしてきます▼

①宝篋山小田休憩所→②新池→③沢の小道分岐→④雅の滝→⑤尖浅間→⑥極楽寺コース合流点→⑦バイオトイレ→⑧宝篋山山頂

①宝篋山小田休憩所

常願寺コースの登山口へのアクセスは宝篋山小田休憩所から!

極楽寺コースと常願寺コースの登山口のすぐ目の前にある休憩所で、計70台停めることができる無料駐車場もあります。

平日の小田休憩所・無料駐車場の様子

つくば市内で筑波山に次いで人気の山というだけあり、こちらの駐車場はいつでもそれなりに車が停まっていますΣ(゚Д゚)

※土日や祝日には満車のことも珍しくないので、そんな時は少し離れた距離にある市営小田駐車場(無料・91台)もチェックしてみて下さい!

小田休憩所にはお手洗いがあるほか、おやつなども販売されている自動販売も設置されていて、登山の準備を整えやすいです。

車を停めて準備を終えたら、案内板に従ってさっそく歩き出しましょう♪

②新池

駐車場を後にして田園風景のなかを進んでいくとすぐに極楽寺コースと分岐します。

右が常願寺コース!案内板がしっかりあるので安心です♪

進路を右にとり、気持ちのいい田園のなかを更に歩み進めていくと、ほどなくして新池に到着。

山頂をしめす看板を追っていくと、猪の侵入防止の柵。

更にその先の民家を過ぎるといよいよ登山道らしい道になっていきます。

③沢の小道分岐

草木に囲まれた道を緩やかに登っていくと、水の流れる音がきこえはじめ、ほどなくして沢の小道との分岐が出てきます。

どちらをいっても500mほどで合流するのでお好きな方を選びましょう(^^)

すぐ横に沢が流れ、宝命の滝やくずしろの滝といった小滝を過ぎると純平歩道との分岐が見えてきます。

純平歩道をいくと1kmほどで極楽寺コースに合流とのこと。

どんな道か気になりますが、今回は進路を変えずそのまま常願寺コースで山頂を目指します♪

④雅の滝

沢の流れる音や鳥の声、草木が風に揺れる音が心地いい道を登っていくと、雅の滝が見えてきます。

この滝を最後に沢を離れ、森の方へ。

ここからちょっとした登りの始まりです♪

⑤尖浅間

お見事な木の根や大きな岩を見ながらやや長めの登りを終えると、すぐに尖浅間に到着します!

標高315mとのことですが周辺は木々に囲まれていて眺望はありません。

ちょっとカッコいい看板やテーブル・椅子などが設置されているので、足を止めていくにはいいかもしれません♪

木々の合間から宝篋山山頂もちらりと見え、ゴールの近さが感じられる地点です(^^)

⑥極楽寺コース合流点

尖浅間を後にすると、少し下りが続いたのち、緩やかな登りと平坦な道を繰り返しながら進んでいきます。

野鳥の森を過ぎると眺望のいい休憩スポットが出てきて、そこをこえるとすぐに極楽寺コースとの合流点!

宝篋城の土塁や空堀跡などの史跡を見ながら緩やかに登っていきましょう♪

⑦バイオトイレ

宝篋城の跡地を過ぎるとすぐにバイオトイレのある広場に到着!

山頂のすぐ下に位置する広場で、頂上は目の前♪

横の階段を登っていき、道路を横切ると、宝篋山山頂に到着です(^^)

⑧宝篋山山頂

標高461mの宝篋山山頂からは、目の前の筑波山をはじめ、霞ヶ浦や関東平野を一望することができます。

ベンチやテーブル・椅子などもたくさん設置されていて、休憩やランチなどにもピッタリです(*´▽`*)

下山は登ってきた常願寺コースを下るのもいいですし、また違った景色を楽しめる極楽寺コースを下りるのもオススメ♪

山頂での時間を満喫したら、お好きなコースから気を付けて下山して下さいね(^^)

\宝篋山・極楽寺コースの紹介記事はコチラから▼/

www.one-access.work

おわりに

宝篋山・極楽寺コースのご紹介はいかがだったでしょうか?

沢のせせらぎや鳥の声など、自然の音に包まれた気持ちのいい登山道でとってもオススメです♪

これで宝篋山は極楽寺コース、常願寺コースと歩いてきたので、お次は小田城コース、その次は山口コースと登っていきたいと思います!

登ってきたらまた記事をアップしたいと思うので、ぜひそちらもチェックしてみて頂けると幸いです(^^)

\茨城県のその他の登山記事はコチラから▼/

www.one-access.work

www.one-access.work

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。