One Access

お出かけや旅行、グルメや文化など、幅広くご紹介♪

【和歌山】湯浅を訪れたら絶対に食べたい!湯浅醤油の醤油ソフトクリーム♡

前回の「湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区」の散策後、醤油ソフトクリームを食べに湯浅醤油へ♪

果たしてどんなお味なのか、食べる前からワクワク(*´▽`*)

今回は、湯浅を訪れたら絶対に食べておきたい「醤油ソフトクリーム」についてご紹介します!

\「湯浅町湯浅伝統的建造物保存地区」散策の記事はコチラから▼/

www.one-access.work

湯浅と醤油について

和歌山県有田郡湯浅町湯浅は、日本の食卓に欠かせない「お醤油」の発祥の地といわれています!

湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区を中心に、かつての醸造蔵や町家などの歴史ある建物を見ることができます。

2017年には「醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅」として日本遺産にも認定されていて、重厚な歴史的景観の町並みを楽しみに多くの観光客が訪れる、和歌山の人気スポットの1つです。

そんな湯浅でお醤油の歴史や伝統に触れたら、絶対に食べておきたいのが「醤油ソフトクリーム」

気になるお味はもちろんのこと、どこで食べられるかなど、さっそく詳しくご紹介していきます(^^)

湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区の場所▼

湯浅を訪れたら絶対に立ち寄りたい!湯浅醤油へ行こう

人気の醤油ソフトクリームが食べられる場所は、その名も「湯浅醤油」

100年以上現役で使われている直径2,3mの大樽で醤油を醸造していて、工場見学も可能です。

見学だけでなく、醤油づくり体験や櫂入れ体験などもでき、醤油について楽しく知って学ぶことができます。

その他にも、醤油をはじめとするお土産がずらりと販売されている売店やカフェなどもあり、湯浅を訪れたら絶対に立ち寄っておきたいスポットです。

湯浅醤油の場所▼

湯浅醤油で人気の醤油ソフトクリームを食べよう♪

人気の醤油ソフトクリームは、湯浅醤油1階に併設されている「蔵カフェ」で食べることができます。

お値段は1つ400円で、注文口で注文して待っていると、すぐに醤油ソフトクリームが出てきました♪

一見するとバニラソフトのようですが、食べてみるとその違いは歴然!!生一本黒豆醤油が使われていて、その塩気がいいアクセントになっています♡

醤油の味はほのかに感じられる程度ですが、コクが半端ないですっ(☆∀☆)

甘いけれど、どこかしょっぱい、クセになる味わいをぜひ食べてみて下さいね♪

◆「湯浅醤油 蔵カフェ」の基本情報◆
住所:和歌山県有田郡 湯浅町湯浅 1464
最寄駅:JR湯浅駅 徒歩約10分
営業時間:9:00〜16:00
定休日:年末年始
駐車場:無料駐車場あり

おわりに

湯浅を訪れたら絶対に食べておきたい、湯浅醤油の「醤油ソフトクリーム」のご紹介はいかがだったでしょうか?

本場のお醤油屋さんのコクがしっかりと感じられる、湯浅醤油ならではのソフトクリームでした(*´▽`*)

蔵見学や醤油づくり体験、お土産選びなどと合わせて、ぜひ人気の醤油ソフトクリームを食べて行って下さいね♪

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。