One Access

お出かけや旅行、グルメや文化など、幅広くご紹介♪

2023年!蔵前神社のミモザと早咲き桜が満開・見ごろに突入!小さな境内は春爛漫に【東京・台東区】


Instagram

2023年も蔵前神社のミモザと早咲き桜が満開・見ごろを迎えました!

前回の2月27日の参拝から10日、この間に境内はすっかり春爛漫の景観に(☆∀☆)

ミモザの黄色と早咲き桜のピンク色で彩られた、今の時期だけしか見られない華やかな蔵前神社の様子についてご紹介していきます(^^)/

\2024年の蔵前神社のミモザ&早咲き桜!現在の開花状況と見ごろはこちら▼/

www.one-access.work

\2023年2月27日の蔵前神社の様子はコチラからどうぞ♪/

www.one-access.work

2023年!蔵前神社のミモザと早咲き桜が満開・見ごろに

ということで、今回もTX(つくばエクスプレス)に乗って、東京都台東区までやってきましたー!

浅草駅で降りて国際通り沿いを歩いて10分~15分。春日通りを横断すると、蔵前神社はすぐそこです♪

大通りから一本裏の道なのですが、このシーズンはこの路地からしてもう賑わっています。

蔵前神社の鳥居が見えてくると、境内の外からでも判るほど盛り盛りと咲いている早咲き桜が見えてきました!2023年3月7日現在の蔵前神社の様子はこんな感じ▼

拝殿横のミモザも、鳥居横の2本の早咲き桜も満開に咲いていて、共演の見ごろを迎えていましたー(☆∀☆)

小さな境内は鮮やかな黄色とピンク色に包まれていて、今年もなんとも美しいです(*´▽`*)

拝殿の屋根を埋め尽くしてしまいそうなほどのミモザの花に、鳥居や境内に覆いかぶさるように咲く早咲き桜。

早咲き桜の方はあまりに立派で、電線にひっかかるほどまで成長していて、訪れた日には枝の整備が行われているほどでしたΣ(゚Д゚)

毎年、圧巻の光景を見させてくれる蔵前神社のミモザと早咲き桜!

2023年のミモザと早咲き桜の共演は、まだまだ見ごろに突入したばかりなので、ぜひこの機会に蔵前神社を訪れてみて下さいね♪

2023年!蔵前神社のミモザと早咲き桜の共演はいつまで楽しめる?

つづいては、蔵前神社のミモザと早咲き桜の今後の開花状況について!

2023年は現時点(3月27日現在)ではミモザも早咲き桜も見ごろに突入したばかりですが、今後はミモザから順に散っていくことかと思います。

両方の花の見ごろ・満開のいちばん綺麗な期間は今週いっぱいで、来週にはミモザはピークを過ぎ、早咲き桜は見ごろが続く予想です。

日陰側のミモザは前回時よりも花が少なくなっていました

両方の花の満開の共演を見たい方は、今週中に訪れることをおすすめします(^^)/

とはいえ、ピークを過ぎても蔵前神社のミモザも早咲き桜も美しく、筆者は早咲き桜の散り始めの頃が一番美しいと思っているほど♪

早咲き桜の散り始め頃の蔵前神社

来週半ば過ぎには早咲き桜の花びらも散り始め、その週末には地面もピンク色に染まった風情ある境内の様子を楽しめると思うので、ぜひそのタイミングにも訪れてみて下さいね♪

\早咲き桜が散り始めの蔵前神社の様子はコチラからどうぞ♪/

www.one-access.work

2023年!蔵前神社のミモザと早咲き桜が満開!境内の様子は?

最後にミモザと早咲き桜の共演真っ只中の、蔵前神社の様子についてご紹介します。

春爛漫を感じさせる蔵前神社のこのシーズンは年々注目されていてき、今では多くのメディアやカメラマンが訪れる人気スポットです。

境内はカメラマンやモデルさん、ワンちゃんや赤ちゃん、記念撮影や御朱印を待たれる方の列で大賑わい!

今年は例年に増して多くの人で賑わっている様子でしたΣ(・ω・ノ)ノ!

平日・休日、朝・昼関係なく、日が出ている間はいつでもそれなりの賑わいが続きます。

参拝の列は途切れることもあり、並んでいてもすぐに自分の番がまわってきますが、御朱印やこだわりの写真撮影をされたい方はお時間に余裕を持って行かれることをおすすめします。

年々、注目度を増していく蔵前神社!早春の都内で一番美しい神社とも囁かれているので、ぜひミモザと早咲き桜の共演が美しいこのタイミングに参拝してみて下さいね♪

おわりに

今年もミモザと早咲き桜が満開・見ごろを迎えた蔵前神社!

鮮やかな黄色とピンク色に包まれた境内は、まさに春爛漫です(☆∀☆)

一度見ると毎年この時期に訪れたくなるほど美しい光景なので、ぜひミモザと早咲き桜の共演が楽しめるこのタイミングで参拝に訪れてみて下さいね♪

\蔵前神社の紹介やその他の関連記事はこちらからどうぞ♪/

www.one-access.work

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。