One Access

お出かけや旅行、グルメや文化など、幅広くご紹介♪

【千葉県/鋸山 日本寺】「地獄のぞき」より見たかった「ラピュタの壁」へ!オススメの入口やルートについて

f:id:ogawasss0827:20220126064534j:plain

東京在住の間に行っておきたかったスポットの1つ、千葉県の「鋸山 日本寺」にようやく行けました(≧▽≦)

鳥取県で登山にハマりだしたころには既に鋸山を知っていて、当時は名所の「地獄のぞき」にとても憧れていました!

が、その後に東京転勤となり鋸山がアクセス圏内となって、パンフレットや旅行記事を見ているうちに知ったのが「ラピュタの壁」という存在(☆∀☆)

数多くの見どころがある「鋸山 日本寺」ですが、今回はそのなかでもジブリ映画『天空の城ラピュタ』の世界観が楽しめる、「ラピュタの壁」と呼ばれているスポットについてご紹介していきます(^^)/

千葉県の「鋸山 日本寺」へ行こう!

今回ご紹介する「鋸山 日本寺」は、千葉県安房郡鋸南町と富津市との境に位置する標高329.4mの山です。

f:id:ogawasss0827:20220126065628j:plain

山の主要部は日本寺の境内となっていて、人気スポットの「地獄のぞき」「日本一の大仏」など、見どころ豊富です!

f:id:ogawasss0827:20220126065249j:plain
f:id:ogawasss0827:20220126065301j:plain

鋸山までのアクセス方法(ルート)もたくさんあり、鋸山ロープウェイで絶景を楽しみながら登ることもできますし、関東ふれあいの道や日本寺の麓から登っていく石の階段の道、鋸山観光道路(有料)を使って山頂口までアクセスすることもできます♪

f:id:ogawasss0827:20220126065219j:plain

自力で山を登りたい方にも、楽に山頂からの景色を楽しみたい方にもオススメな、幅広い層の人々におすすめの観光スポットです!

鋸山 日本寺の「ラピュタの壁」とは?

冒頭でもご紹介しましたが、たくさんある鋸山 日本寺の見どころの中でも、今回はジブリ映画『天空の城ラピュタ』の世界観が楽しめる「ラピュタの壁」というスポットについてご紹介します!

▼ジブリアニメーションの人気作品『天空の城ラピュタ』

天空の城ラピュタ [DVD]

天空の城ラピュタ [DVD]

  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
Amazon

もともと鋸山は建築用材などに適した良質な房州石の産地として知られていて、江戸末期から盛んに採石が行われてきた地です。

その石切場の跡が山や境内のいたるところで見ることができ、ラピュタの世界観や「ラピュタの壁」と呼ばれている壮大な景観を楽しむことができます。

f:id:ogawasss0827:20220126070006j:plain

「ラピュタの壁」はもちろんのこと、そこまでの道のりでもラピュタを想起させる景色の数々が楽しめる、オススメの入口やルートについてご紹介していきます(^^)/

「ラピュタの壁」へのアクセスは?オススメの入口やルートについて

「ラピュタの壁」と呼ばれるスポットへのアクセス方法は大きく分けて4つあります!

  1. 山登りを楽しみたいという方にオススメな浜金谷駅から続く「鋸山裏登山道」を登っていく方法!
  2. 楽に絶景を楽しみたい方にオススメな「鋸山ロープウェイ」を利用してアクセスする方法!
  3. 車で気軽に景色を楽しみたい方にオススメな「鋸山観光道路」を利用してアクセスする方法!
  4. 表参道管理所大仏口管理所などから日本寺境内を通ってアクセスする方法!

お好みに合わせてどのルートでアクセスしても問題ありませんが、今回筆者がご紹介するのは、最も時間が短く楽なルート!

それは、西口管理所(2のロープウェイの方と3の鋸山観光道路とコチラに該当)から日本寺境内を通って北口管理所を通過するコースです♪

ちなみに、北口管理所は鋸山裏登山道を登ってきた方の多くが日本寺境内に入る際に使う入口です(^^)

f:id:ogawasss0827:20220126070227j:plain

山頂口から日本寺境内を横切って、ラピュタの壁の最寄りの入口である北口管理所まで行くので、とっても楽で他のルートよりもかなり時短でアクセスできます!

f:id:ogawasss0827:20220126070321j:plain

歩いたり登ったりをなるべく避けたい方や、時間があまりない方にもオススメなルートです♪

素直に切り立った崖に感動!ラピュタの壁へ

では、さっそくラピュタの壁へと向いましょう!

まずは西口管理所で日本寺の拝観料を払い、境内へと進んでいきます。

f:id:ogawasss0827:20220126070422j:plain

そもそもラピュタの壁と呼ばれる場所は日本寺の外にあるため、境内や管理所で手渡されるパンフレットには載っていません。

f:id:ogawasss0827:20220126070501j:plain

入口を通過してすぐに、十州一覧台や百尺観音、地獄のぞきや大仏などへの道標が出てくるので、まずは「百尺観音」を目指しましょう!

f:id:ogawasss0827:20220126070536j:plain

地獄のぞきとの分岐を左へと進んでいくと、すぐに百尺観音が鎮座している広場へと到着します。

f:id:ogawasss0827:20220126070859j:plain

まるで古代遺跡のような雰囲気で、この辺りからすでに『天空の城ラピュタ』を想起させる景色が広がっています。

f:id:ogawasss0827:20220126070956j:plain

百尺観音を越えたらそのすぐ先にある北口管理所へと向いましょう。

f:id:ogawasss0827:20220126071039j:plain

一度ここで日本寺の境内を出ます。再入場の際に入場券の半券が必要となるので無くさないように保管しておきましょう。

f:id:ogawasss0827:20220126071121j:plain

北口管理所を出ると、鋸山ハイキングコース(鋸山裏登山道)へと繋がっています。

f:id:ogawasss0827:20220126071214j:plain
f:id:ogawasss0827:20220126071236j:plain

コースに沿って少し下っていくと、すぐに柵が設けられた展望所があり、そこが「ラピュタの壁」のビュースポットです!

f:id:ogawasss0827:20220126071322j:plain

柵のすぐ横に垂直に切り立った崖が見え、迫力満点!

f:id:ogawasss0827:20220126071403j:plain

海や地面が遠くに小さく見え、ラピュタのように空に浮かんでいる要塞のようにも見え、まさしく天空の城ラピュタの世界観でした(☆∀☆)

山頂口の西口管理所から本当にすぐの距離にあるので、ぜひ鋸山 日本寺を訪れた際には他のスポットと合わせて「ラピュタの壁」も見ていって下さいね♪

おわりに

鋸山を訪れたら絶対に見てみてほしい「ラピュタの壁」のご紹介はいかがだったでしょうか?

f:id:ogawasss0827:20220126064534j:plain

記事内でも触れましたが、こちらは日本寺境内の外にあるため、日本寺のパンフレットや案内では紹介されていないので、ぜひお出かけ前に知っておいてほしいスポットです!

f:id:ogawasss0827:20220126071759j:plain

百尺観音周辺や境内の至るところに石切り場跡を見ることができ、ラピュタの世界観を感じられるので、ぜひその他の見どころと合わせて巡ってみて下さいね♪

f:id:ogawasss0827:20220126071838j:plain

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。