One Access

足を使った旅行・お出かけを中心に、各地の素敵なスポットや文化、グルメについてご紹介!ニッチな情報から個人的に頂いたご縁まで幅広く♪

ここは本当にカフェ?歴史ある銭湯をリノベした「レボン快哉湯」へ【台東区・入谷】

f:id:ogawasss0827:20210508081630j:plain

明治末期より台東区下谷で親しまれた銭湯をリノベーションしたカフェ「レボン快哉湯(かいさいゆ)」に行ってきました!

外観はもちろんのこと、番台や富士山のペンキ絵が残る店内は、「ここは本当にカフェ?」と思うほど、当時の様子が色濃く受け継がれています。

今回は、長く愛され続けてきた銭湯の歴史を感じながら、こだわりのコーヒーとアイスクリームのマリアージュが楽しめる「レボン快哉湯」についてご紹介していきます(^^)/

 歴史ある銭湯が生まれ変わったカフェ「レボン快哉湯」

「レボン快哉湯」は、台東区下谷で明治末期より親しまれ続けてきた銭湯をリノベーションしたカフェです。

f:id:ogawasss0827:20210508081441j:plain

関東大震災により一度倒壊してしまったものの、昭和3年(1928年)に再建され、ほぼ当時のままの姿で2016年11月まで運営が続けられました。

f:id:ogawasss0827:20210508081417j:plain

ですが、2建物や設備の老朽化により、2016年11月に惜しまれつつも銭湯としての営業を終えることとなりました。

銭湯としての役割は幕を閉じてしまいましたが、オーナーさんの「人々の記憶が詰まったこの建物を未来に残したい」という想いから、カフェ「レボン快哉湯」として生まれ変わったのです。

f:id:ogawasss0827:20210508081757j:plain

オーナーさんの想いは受け継がれ、佇まいは銭湯時代の様子が色濃く残されていて、当時の記憶が未来へと繋げられていることがよく判ります。

f:id:ogawasss0827:20210508081846j:plain

90年以上もの歴史がある銭湯をリノベーションして出来たカフェ「レボン快哉湯」は、一体どんな様子なのか、さっそく詳しくご紹介していきます(^^)/

本当にカフェ?銭湯時代の建物をそのまま活かした「レボン快哉湯」へ

では、さっそく銭湯からカフェへと生まれ変わった「レボン快哉湯」の様子についてご紹介していきます!

レボン快哉湯は、東京メトロ入谷駅の4番出口より徒歩2分ほどでアクセスすることができます。

f:id:ogawasss0827:20210508081907j:plain

外観は銭湯そのもので、なにも知らずに歩いていると、とてもここがカフェとは思えない見た目です(☆∀☆)

f:id:ogawasss0827:20210508081923j:plain

お店の前に出ている看板でカフェであることを改めて、確認して、いざ中に入ってみると、これまた歴史が感じられる木札の下駄箱

f:id:ogawasss0827:20210508081947j:plain
f:id:ogawasss0827:20210508082000j:plain

生まれも育ちも北海道の筆者は、東京の歴史ある銭湯文化に少し憧れがあるので、ドキドキワクワク♡

ここまで来て、まだ『本当にカフェでいいんだよね?』と少し緊張しながら扉をくぐると、当時は脱衣所だったと思われるスペースに客席とカウンターが!

f:id:ogawasss0827:20210508082303j:plain

中央には番台がそのまま残されていて、体重計や脱衣籠もあります(☆∀☆)

f:id:ogawasss0827:20210508082525j:plain
f:id:ogawasss0827:20210508082345j:plain

あまりに銭湯の面影が色濃く残っていて、驚き立ち止まっていると、店員さんが優しく「こちらでご注文どうぞ~」と声をかけて下さいました(;^ω^)

f:id:ogawasss0827:20210508082432j:plain

お店のシステムは最初にレジで注文・会計→好きな席に着席→お店の方が持ってきてくれる→帰る(食器は返却してもしなくても可)という流れです(^^)/

注文を終えてからも、黙って席で待っていることなどできるはずもなく、お店の中をじっくりと見させて頂きました!

まず客席は番台を仕切りに2つに分かれていて、カウンター側と奥にもあります。

f:id:ogawasss0827:20210508083020j:plain
f:id:ogawasss0827:20210508083037j:plain
(左)カウンター側の客席(右)奥側の客席

入口部分の扉には、「男」「女」の文字が書かれていて、銭湯時代の男用と女用の脱衣所の造りをそのまま活かされていることがよく判ります!

f:id:ogawasss0827:20210508083137j:plain
f:id:ogawasss0827:20210508083122j:plain

高い格天井に、快哉湯と書かれた止まっている古時計、脱衣所の注意書きもそのまま…なんて凄いの(*´ω`*)

f:id:ogawasss0827:20210508083303j:plain

f:id:ogawasss0827:20210508083323j:plain
f:id:ogawasss0827:20210508083312j:plain

洗い場部分だった客席の奥は、現在はオフィスとして使われているとのことですが、お店の方に一言かけると見学させて頂くことができ、写真撮影もOKです(☆∀☆)

f:id:ogawasss0827:20210508083401j:plain

なんていう空間なんでしょう、立派なペンキ絵はもちろんのこと、年季が感じられる壁の板にも見入ってしまいます。ただただ美しい。

f:id:ogawasss0827:20210508083421j:plain
f:id:ogawasss0827:20210508083452j:plain

あっという間に、このお店の世界観というか、銭湯が持っている記憶にのみこまれていく、そんな感じ。

f:id:ogawasss0827:20210508084131j:plain

ちなみに中央の番台は登って記念撮影することもできるので、ぜひ番台からの眺めや造りを楽しんでみて下さいね♪

f:id:ogawasss0827:20210508084156j:plain

銭湯でカフェを楽しむ不思議な感覚♪コーヒーとアイスクリームのマリアージュを楽しもう!

店内をじっくりと見させてもらっているうちに、あっという間にオーダーが運ばれてきました(≧▽≦)

f:id:ogawasss0827:20210508084318j:plain

「レボン快哉湯」では、自家焙煎コーヒーと、農園から直接仕入れた果物で作る自家製アイスクリームのマリアージュを楽しむことができ、お味は4種類ほどありました!

f:id:ogawasss0827:20210508084243j:plain

その他にも単品ドリンクやマフィン、プリンなどのスイーツも。

せっかくなので、お店の看板メニューであるコーヒーとアイスクリームのマリアージュを頂きました(*´ω`*)

f:id:ogawasss0827:20210508084225j:plain

キウイ&コスタリカ(980円)

マリアージュの味わい方は、まずはコーヒーをひとくち飲んで、次にアイスクリームを食べ、口の中にアイスクリームが残っている状態で再びコーヒーを。

f:id:ogawasss0827:20210508084406j:plain
f:id:ogawasss0827:20210508084420j:plain

最後に残ったコーヒーをアイスクリームにかけて食べるのが、お店の方のオススメの食べ方とのこと!

f:id:ogawasss0827:20210508084443j:plain

コーヒーとアイスクリームが合わさったとき、全く異なる味わいが口の中に広がり、びっくり!それぞれのフレーバーで試してみたくなるに違いありません。

f:id:ogawasss0827:20210508084547j:plain

別の日に訪れた時にたのんだチョコレート&ニカラグア(980円)

ドリンクは2杯目から半額になるとのことなので、お友達とたくさん話したい時や、作業(高速Wi-Fi&電源あり!)をしながら過ごしたい方にもオススメですよ(^^)

おわりに

長年親しまれ続けた銭湯をリノベーションして生まれたカフェ「レボン快哉湯」のご紹介はいかがだったでしょうか?

f:id:ogawasss0827:20210508084702j:plain

銭湯時代の快哉湯に訪れたことがある方はもちろんのこと、初めて訪れる方にとっても、どこか懐かしく、そしてワクワクさせてくれる空間が広がっています。

f:id:ogawasss0827:20210508084723j:plain

長い歴史が色濃く感じられる店内で、こだわりのコーヒーとアイスクリームのマリアージュをぜひ楽しんでみて下さいね♪

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。