One Access

お出かけや旅行、グルメや文化など、幅広くご紹介♪

河津桜や枝垂れ桜で彩られる!春の「桜神宮」へ【世田谷区・桜新町】

f:id:ogawasss0827:20220309161555j:plain

売り切れ必至の「タケノとおはぎ」のおはぎをゲットするため、開店1時間以上も前からお店がある桜新町でスタンバイしていた筆者。

桜新町はサザエさんの町として有名ですが、そちらは以前じっくりと巡ったことがあるので、どこかほかにいいスポットがないかと探していて出会ったのが「桜神宮」

ちょうど早咲き桜の河津桜が咲き始めたとのことで、参拝させてもらいましたのでさっそくご紹介していきます(^^)/

\売り切れ必至の進化系おはぎ!「タケノとおはぎ」の記事はコチラから▼/

www.one-access.work

「桜神宮」について

今回ご紹介する「桜神宮」は東京都世田谷区新町に鎮座する神社です。

f:id:ogawasss0827:20220309161824j:plain

最寄り駅は東急田園都市線の桜新町駅で、北口から徒歩2分ほどでアクセスすることができます。

f:id:ogawasss0827:20220309161945j:plain

桜神宮は神代より脈々と受け継がれる古式神道を蘇らせるため、明治天皇より勅許を得て教派神道十三派の一派として建てられたという、由緒正しい古式神道の神社です。

f:id:ogawasss0827:20220309162036j:plain

1年を通して多くの参拝者が訪れる桜神宮ですが、春は特に必見

境内には早咲き桜の河津桜や枝垂れ桜が植えられていて、春には色鮮やかなピンク色が参拝者の目を楽しませてくれます^^

春季限定の御朱印もあるようなので、御朱印集めをされている方も必見です!

そんな桜神宮の春の訪れを知らせる河津桜が咲き始めたとのことだったので、境内の様子と合わせてご紹介していきます♪

河津桜が見ごろに!早春の桜神宮へ

河津桜が見ごろを迎えたと聞き、桜神宮を参拝に訪れました!

f:id:ogawasss0827:20220309162318j:plain

正面の鳥居から境内へと進んでいくと、本殿横がピンク色に染まっているのが判ります(☆∀☆)

f:id:ogawasss0827:20220309162342j:plain

近づいて見ると、こんな感じに咲いていました!

f:id:ogawasss0827:20220309162411j:plain

訪れた日は2月25日で開花してすぐだったこともあり、まだ蕾も多いですがとっても綺麗でした(≧▽≦)

満開になるのもそう先ではないかと思います(^^)

本殿に向かって左側の河津桜には、たくさんのピンク色の帯が巻かれた木も!

f:id:ogawasss0827:20220309162459j:plain

こちらは「さくらのえんむすび花帯」といって、ピンクのリボンに願いを書いて河津桜の枝に結び、良縁を願うものだそうです。

f:id:ogawasss0827:20220309162541j:plain

まるで満開の桜が咲いているかのようで、とても綺麗でした(*´▽`*)

「桜新町」「桜神宮」「河津桜」など、とにかく「桜」がいっぱいで、春には特に参拝に訪れたくなりますね♪

2022年!桜神宮の河津桜の開花状況について

見ごろを迎えた桜神宮の河津桜ですが、訪れた時はまだまだ満開ではなく、2022年の開花は例年よりも大幅に遅いとのことでした。

f:id:ogawasss0827:20220309162648j:plain

肌寒い日が続いた2月でしたが、3月になりぐっと春らしい日が増えたこともあり、3月9日現在においては満開を迎えているとのことです!

桜神宮のリアルな桜の開花状況について、桜神宮の公式ホームページやツイッターから確認ができるので、お花見と合わせての参拝をお考えの方はぜひ事前にチェックしてみて下さいね♪

おわりに

春にぜひ参拝に訪れたい「桜神宮」のご紹介はいかがだったでしょうか?

f:id:ogawasss0827:20220309162754j:plain

地名も社名も境内も、とにかく「桜」でいっぱいでなんとも春らしさあふれる神社です!

3月に入って暖かい日も増えてきたので、ぜひサザエさんの町として知られる桜新町の散策と合わせて訪れてみて下さいね♪

\世田谷区・桜新町のサザエさんに関する記事はコチラから▼/

tripnote.jp

tripnote.jp

※上記記事は筆者がトラベルライターとして活動しているトリップノートで執筆したものです。

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。