One Access

お出かけや旅行、グルメや文化など、幅広くご紹介♪

【茨城】筑波山の標高500m地点!筑波高原キャンプ場でアウトドアを大満喫♪

筑波山の中腹500m地点にある「筑波高原キャンプ場」に行ってきました!

以前、道の駅かつらで体験した「キャンプ×登山」がドハマりで、今回も登山目当てのキャンプを満喫♪

筑波高原キャンプ場の詳細情報や実際の様子、登山道へのアクセスなどについて詳しくご紹介していきます(^^)/

\「道の駅かつら」に関する紹介記事はコチラから▼/

www.one-access.work

www.one-access.work

筑波高原キャンプ場について

筑波高原キャンプ場は、茨城県桜川市真壁町にある市営のキャンプ場です。

キャンプ場内の案内板より

日本百名山の筑波山の中腹に位置していて、その標高は500m

テントサイトからの眺め

周辺は原生林や豊かな草花に抱かれ、テントサイトからの眺望も素晴らしく、野鳥や小動物と出会うこともできます。

場内から登山道へと直接アクセスすることもでき、気軽に筑波山登山も楽しめてアウトドア好きにはたまりません♪

日常を忘れて、ゆったりと大自然を満喫できるキャンプ場です(^^)

筑波高原キャンプ場の予約方法や料金など

つづいて、気になる筑波高原キャンプ場の予約方法や営業期間、お値段などについてご紹介していきます!

筑波高原キャンプ場の詳細については、令和4年3月にリニューアルした公式ホームページがとても判りやすくて見やすいので、そちらでのチェックがおすすめです。

www.city.sakuragawa.lg.jp

※筑波高原キャンプ場の公式ホームページにとびます。

当ブログでは上記ホームページより、2022年6月15日現在においてのお値段や営業期間などについて載せておきます!

営業期間

5月~9月

ご利用は、利用開始日が金・土・日曜及び祝日の場合のみとなります。

7月15日~8月31日までは無休 / ※9月30日は宿泊できません。

 

キャンプの種類とお値段

 

キャンプ(宿泊)

料金:大人・小人(小学生以上)500円/幼児(小学生未満)無料
チェックイン : 10:00~15:00
チェックアウト : 10:00

 

 

デイキャンプ(日帰り)

料金:大人(高校生以上)400円/小人(小学生以上)300円/幼児(小学生未満)無料

チェックイン : 10:00~15:00
チェックアウト : 17:00

 

・フリーテントサイトは15組。
・テントを張る場所は予約できません。
・オートキャンプ場ではありません。自動車・バイク等のキャンプ場内への乗り入れはできません。

バーベキュー

 
料金:大人(高校生以上)400円/小人(小学生以上)300円/幼児(小学生未満)無料
チェックイン : 10:00~15:00
チェックアウト : 17:00

・区画数は4区画。
・定員は1区画約12名。
・屋根はありません。

予約方法

下記の公式ホームページからネット予約

筑波高原キャンプ場 | 桜川市公式ホームページ

※要会員登録(無料)
※希望日の1週間前~営業期間内の予約可能

そのほかの注意点など

  • ゴミは全て持ち帰り。
  • 直火禁止。焚火をする場合は専用の焚火台を使用。
  • 大雨や台風等の悪天候が予想されるときは閉鎖。
  • チェックインの時間遵守(30分以上遅れる場合にはキャンプ場に電話を。

上記のほかにも注意点がありますので、公式ホームページの注意事項欄をご確認ください

筑波山の中腹500m地点!筑波高原キャンプ場へ

というわけで、筑波山の中腹500m、筑波高原キャンプ場にやってきましたー!

お天気はあいにくのくもりでしたが、高原ならではの美味しい空気がお出迎え♪

第1駐車場から少し登った先にある、バーベキューサイト横に管理棟があるので、まずはそちらで受付を。

日曜日のデイキャンプ利用で訪れたのですが、この日は宿泊の方を合わせてもソロ2組、グループ2組(うち1組は筆者たち)の計4組の利用とのこと!

15組もテントサイトがあるので、かなりゆったりと過ごせました(*´▽`*)

チェックインとお支払いを済ませたら、管理人さんが場内の案内やお手洗い、眺望のいいスポットなどについて丁寧に教えてくれます。

テントサイトの1段目は樹林帯で眺望がなく、3段目、4段目が見晴らしがいいと教えてくれました(^^)

曇天ではあるものの、管理棟前からでもやや景色が見えていたので、せっかくなので最上段にテントを張りたいと思います♪

登山好きは燃える?荷下ろし・荷運び・テント設営

公式ホームページや管理人さんからのご説明にもありますが、筑波高原キャンプ場はテントサイトに車の乗り入れはできません。

テントサイトまでは登山道のような坂道や階段がつづき、キャリーカーなどもテントサイト手前の舗装路までしか使用できないのでご注意ください。

この舗装された道もテントサイトの手前まで

荷運びをする前にテントサイトの下見をしたうえで、それでも筆者たちは最上段の4段目を目指して、テントや焚火台などをよいしょよいしょと。

登山好きなので上り下りはトレーニング感覚で苦ではないので、少しずつ荷物を運び、気づけば3,4往復!

この時点で軽登山を楽しめた感じで、ひぃひぃ言ってる旦那を横に実は内心で楽しんでいた筆者(´艸`*)

楽々ワンタッチ式テントを張って、椅子やらなんやらも出して準備完了~♪

デイキャンプですが、大自然をたっぷりと満喫したいと思います(^^)

BBQも登山も!筑波高原キャンプ場でアウトドアを大満喫

10時半前にチェックインしましたが、荷運びや準備やらで気づけば11時30分過ぎに!急いで炭をおこして、バーベキュー開始♪

曇ってはいますが関東平野を見ながらお肉を頬張れて、頑張って最上段まで登ってきた甲斐がありました♡

その後はテントのすぐ後ろにある登山道(女体山・キャンプ場コース/三本松線)へ♪

これまでおたつ石コース、御幸ヶ原コース、白雲橋コースと登ってきて、キャンプ場コースは今回が初めて!

山頂に近づくに連れて靄と小雨が!

案内によるとキャンプ場コースは登り60分/下り45分とのことですが、20分弱ほどで山頂に到着!

山頂からの眺望はもちろん無く…(;^_^A

緩やかな登りで、距離も短く、これといって危険な箇所もないので、誰でも気軽にチャレンジできて、キャンプと合わせて楽しむのオススメです(^^)

下山後もノンアル片手にテントサイトでまったり♪

少しワイルドなキャンプや、より身近に自然を感じたい方は、ぜひ筑波高原キャンプ場を訪れてみて下さいね♪

\筑波高原キャンプ場からすぐ♪女体山・キャンプ場コースの詳細はコチラから▼/

www.one-access.work

おわりに

筑波山の中腹500mに位置する「筑波高原キャンプ場」のご紹介はいかがだったでしょうか?

車の乗り入れができなかったり、荷物を自力で運ばなければいけなかったりと、やや体力を使う面は多いですが、その分、関東平野を一望できる素晴らしい眺望やより豊かな自然を身近に感じられます!

ただ土曜日がとても人気のようで、2022年6月15日現在で今シーズンの土曜日は既に予約でいっぱいでしたΣ(゚Д゚)

ですが、それ以外の曜日にはまだ余裕がありましたし、7月15日~8月31日は平日を含めて無休で営業しているので、ぜひこの期間を狙ってみてはいかがでしょう(^^)?

ご家族やお友達同士、もちろんソロでも、ぜひ筑波山の大自然のなかでゆったりと過ごしてみて下さいね♪

\筑波山のその他のコースや周辺の山の登山記事もぜひチェックしてみて下さい!/

www.one-access.work

www.one-access.work

www.one-access.work

www.one-access.work

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。