One Access

お出かけや旅行、グルメや文化など、幅広くご紹介♪

【茨城】日本初の本格的ワイン醸造場「牛久シャトー」で牛久産ワインを堪能しよう!

日本で最初の本格的ワイン醸造所「牛久シャトー」に行ってきました!

北海道や東京でも色々なワイナリーを巡ってきましたが、『国内で初めての本格的にワインを造りだしたのはどこなのか?』なんて、これまで考えた子もなく、ただただテイスティングを楽しんでいました(;゚Д゚)

今回は牛久シャトーをはじめとしたワインの歴史はもちろんのこと、設立者の神谷傳兵衛の軌跡、そのほか館内の見どころと合わせて、牛久産のワインを堪能していきたいと思います(^^)/

\北海道や東京でのワイナリー訪問の記事はコチラから▼/

www.one-access.work

tripnote.jp

※都内の本格ワイナリー5選の記事は、筆者がトラベルライターとして活動しているトリップノートで執筆したものです。 

「牛久シャトー」とは?

牛久シャトーは茨城県牛久市中央にあり、JR牛久駅から徒歩8分ほどでアクセスできます。

日本国内で初めての本格的ワイン醸造所で、明治36年(1903年)に建てられました。

日本のワインの歴史は約140年ほどあり、そのなかでも山梨県甲州市と茨城県牛久市は特に重要な地位を占めていて、共に日本遺産に認定されています。

牛久シャトーにおいては、当時の建物も残っていることから国指定重要文化財、近代化産業遺産にも選ばれていて、ワイン好き以外にも多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

美味しいワインを楽しめるのはもちろんのこと、当時のワイン造りの様子や歴史を学ぶこともでき、様々な視点からワインについて知ることができます。

◆「牛久シャトー」の基本情報◆
住所:茨城県牛久市中央3-20-1
最寄駅:JR牛久駅から徒歩約8分
営業時間:10時~16時
定休日: 無休(年末年始を除く。施設点検等で休みとなる場合あり。)
駐車場:あり(有料)
公式HP牛久シャトー公式サイト

牛久シャトーの見どころ紹介

牛久シャトーの園内には主に5つの見どころがあります。

簡単なご紹介と共に、それぞれのスポットについてご紹介していきます(^^)/

①本館

エントランスを入り、最初にお出迎えしてくれるのが「本館」

1903年(明治6年)の建設で、国指定重要文化財にも選ばれています。

本館の一般公開は行われていませんが、外からでもその雰囲気は伝わってくるので、ぜひじっくりと眺めてみて下さいね♪

②レストラン

本館を背にして左側に建つ「レストラン」

100年以上の歴史を誇る煉瓦造りのワイン貯蔵庫を改装したレストランで、こちらも国の重要文化財に選ばれています。

ランチやディナーなど、ここでしか味わえないお料理にぜひ舌鼓を打ってみてはいかがでしょう?

営業時間
ランチタイム:11時30分~15時00分(ラストオーダー14時00分)
ディナータイム:17時30分~21時00分(ラストオーダー20時00分)
※月曜日は定休日

③神谷傳兵衛記念館

シャトーカミヤの創設者である神谷傳兵衛(かみやでんべえ)と牛久シャトーの歴史について紹介されている「神谷傳兵衛記念館」。

当時のワイン造りの道具や資料をはじめ、ワイン貯蔵庫の様子などを見ることができます。

現代のワイン造りとはまだまだ大きく異なる、日本で初めての本格的なワイン造りの様子を垣間見ることができる、とても貴重な展示の数々!

ワインにそこまで関心が無い方でも興味深く見られる展示となっているので、ぜひじっくりと見ていって下さいね♪

④ショップ

記念館を正面に右側に建つ「ショップ」

牛久シャトーのオリジナル商品やワインをはじめ、国内や世界のワインが豊富に取り揃えられています。

もちろん試飲コーナーもあり、牛久シャートーハウスワイン(720ml)を1,100円というお値段でお得に購入することもできます!

その他にも地元の名産品や、季節に合わせたギフトにもピッタリな商品なども販売されているので、ぜひ覗いていって下さいね♪

今回は母の日の贈り物を買わせてもらいました♡

⑤オノエン ミュージアム

BBQ場がある芝生広場の奥にある「オノエン ミュージアム」

オノエングループの歴史的資料やノベルティ、商品などが幅広く展示されています。

各地を代表する有名なお酒や、そのお酒などの歴史、懐かしいCMやラベルなども紹介されていて、楽しく見学できるつくりになっているので、ぜひチェックしていって下さいね♪

牛久産のぶどうを使ったワインを堪能しよう♪

園内をぐるっと見学し終えたら、いよいよ実際にワインを味わってみましょう!

休日には屋外にも出店が出ていて、牛久シャトーの歴史ある建物を眺めながら優雅にテイスティングを楽しめます。

まずは、牛久産ぶどうを使った茨城県産ワイン「レガーメ2021」のグラスワイン(500円)を♡

普段は白派なのですが、フルーティーでブドウの香りがしっかりと感じられて、とても美味しくてビックリ(☆∀☆)

すっかり、牛久のワインにドハマりし、その後もショップで牛久シャトーハウスワイン(白)のグラス(400円)を頂きー(*´▽`*)

こちらも美味しく、ボトルでも購入♪

冷蔵保管で賞味期限は購入日から1週間!

更に後日、母の日の贈り物の購入と合わせて、牛久シャトーハウスワインの赤も買って帰りました!

赤も白もクセがなく、とても飲みやすいので、ワインデビューの方にもオススメ♪

ワインや牛久シャトー、神谷傳兵衛の歴史と共に、テイスティングも忘れずに楽しんでいって下さいね!

おわりに

日本初の本格的ワイン醸造場「牛久シャトー」のご紹介はいかがだったでしょうか?

茨城転勤になり、車でちょくちょく訪れられる距離に美味しいワインを飲める・買える場所があり、とっても嬉しい限り(*´▽`*)

牛久大仏をはじめ、牛久市観光に訪れた際にはぜひ牛久シャトーにも足を運んでみて下さいね♪

\牛久市観光の定番!牛久大仏の紹介記事はコチラから▼/

www.one-access.work

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。