One Access

足を使った旅行・お出かけを中心に、各地の素敵なスポットや文化、グルメについてご紹介!ニッチな情報から個人的に頂いたご縁まで幅広く♪

漱石や子規、かつての文豪達が愛した「羽二重団子」を食べに行こう【東京・日暮里】

f:id:ogawasss0827:20210110143613j:plain

夏目漱石や正岡子規など、かつての文豪たちの文学作品に数多く登場した、日暮里の「羽二重団子」に行ってきました!

大学時代、夏目漱石の、しかもちょうど羽二重団子が登場する『吾輩は猫である』のゼミだったこともあり、そのお味がとっても気になります!さっそく、詳しくご紹介していきます♪

 かつての文豪達が愛した「羽二重団子」とは?

創業180年以上を誇る「羽二重団子」は、江戸時代の頃から街道往来の人々に親しまれ続けてきた老舗のお団子屋さんです。

f:id:ogawasss0827:20210110143635j:plain

江戸明治期の名店番付の『維新の頃より明治のはじめ 大江戸趣味風流名物くらべ』にも羽二重団子は載っており、当時から美味しいと評判だったことが伺えます。

f:id:ogawasss0827:20210110143702j:plain

本店に飾られている『維新の頃より明治のはじめ 大江戸趣味風流名物くらべ』より

その後も愛され続けた羽二重団子は、数多くの有名文学作品にも登場し、夏目漱石の『吾輩は猫である』や、正岡子規の『道潅山』や『仰臥漫録』をはじめ、様々な文豪達に取り上げられています。

江戸時代からの風味と面影が受け継がれた羽二重団子を、さっそく食べに行ってみましょう!

羽二重団子はどこで食べられるの?

羽二重団子の店舗は、全部で4店舗あり、日暮里駅周辺に3店、西日暮里駅構内(改札前)に1店あります。

f:id:ogawasss0827:20210110143841j:plain

そのうち、「羽二重団子 本店」と「HABUTAE1819 羽二重団子 日暮里駅前店」にはイートインスペースがあり、羽二重だんごをはじめ、様々なドリンクやランチを店内でゆっくりと頂いていくこともできます。

f:id:ogawasss0827:20210110144042j:plain

本店のイートインスペース

今回は多くの文豪達の作品にも登場している、音無川のほとり芋坂に建つ「羽二重団子 本店」で食べたいオススメのメニューを3つご紹介します!

羽二重団子 本店で食べたいオススメのメニュー

①羽二重だんご(煎茶付)

まず始めにご紹介するのは、羽二重団子を訪れたら、やはり絶対に食べておきたい「羽二重だんご」!

f:id:ogawasss0827:20210110144115j:plain

羽二重だんご(煎茶付)560円

焼・餡とそれぞれ1本ずつ付いていて、お好みでどちらも1本280円で希望の本数を頼むことができます。

どちらもしこしこした歯ざわりで、焼き団子は生醤油の絶妙なしょっぱさ、餡団子は飽きのこない上品な甘さで、何本もおかわりしたくなります。

f:id:ogawasss0827:20210110144253j:plain

f:id:ogawasss0827:20210110144303j:plain

昔から愛され続けてきたのが納得の逸品です!

②漱石セット(煎茶付)630円

2つ目にご紹介するのは、その名も「漱石セット」!

f:id:ogawasss0827:20210110144346j:plain

漱石セット(煎茶付)630円

焼き団子が1本と漱石もなかが1個、それに煎茶が付いています。羽二重団子は夏目漱石著の『吾輩は猫である』にも登場していて、作品中には「…芋坂へ行って團子を食いましょうか…」という一文があります。

作品内の猫を想起させるもなかは、見た目も可愛くてたまりません!

f:id:ogawasss0827:20210110144432j:plain

もなかの中には餡と生地種を滴に見立てた「しずくあん」が3粒も入っていて、ぱりぱりとしたもなかともっちりとしたしずくあんのハーモニーが楽しめます。

漱石セット以外にも、正岡子規の子規セット(1,120円)や岡倉天心の天心セット(1,200円)などがあり、かつての文豪や文学作品に思いを馳せながら味わうことができますよ。

③いちご団子 

最後にご紹介するのは、冬から春先にかけて期間限定で登場する「いちご団子」!

f:id:ogawasss0827:20210110144901j:plain

いちご団子 1本300円

こし餡の上品な甘さと、いちごの爽やかな酸味の相性は抜群!ほっぺが落ちそうになる美味しさです♪

いちご団子をお求めの際は、「HABUTAE1819 羽二重団子 日暮里駅前店」がおすすめです!他の店舗でも販売されていますが、取扱期間が駅前店よりもかなり短かいので、ホームページなどで確認してから行かれることをおすすめします。

おわりに

かつての文豪達の有名作品に数多く登場した、歴史ある「羽二重団子」のご紹介はいかがだったでしょうか?

f:id:ogawasss0827:20210110145039j:plain

お団子や和菓子好きの方には、ぜひ行ってみてほしいオススメのお店です!音無川のほとり、芋坂のすぐ横に建つ本店でぜひその味を堪能してみて下さいね♪