One Access

足を使った旅行・お出かけを中心に、各地の素敵なスポットや文化、グルメについてご紹介!ニッチな情報から個人的に頂いたご縁まで幅広く♪

《閲覧注意》暑い日にゾワッとする寒さ!開催中の「キモだめし展」へ【東京ソラマチ】

f:id:ogawasss0827:20210609173454j:plain

2021年6月4日から東京ソラマチで開催されている「キモだめし展」へ、子供と2人で行ってきました!

「キモだめし」と聞くとお化け屋敷のようなイベントをイメージされる方も多いかと思いますが、私たちを待ち構えているのはお化けではなく、気持ち悪い生き物たちΣ(゚Д゚)

今回は現在開催中の「キモだめし展」について詳しくご紹介していきます!

 「キモだめし展」について

まずは「キモだめし展」について、簡単にご説明していきます!

f:id:ogawasss0827:20210609173658j:plain

冒頭でも軽くご紹介しましたが、キモだめし展で展示されているのは「気持ち悪い生き物たち」です!

f:id:ogawasss0827:20210609173710j:plain

パンフレットやポスターにも書かれていますが、「キモい生き物たちにどこまで耐えられるか?」ということで「キモだめし展」といった感じです!

展示室には気持ち悪いを代表するような生き物たちが大集合しています(;゚Д゚)息子が虫や生き物に興味を持ち始めてきたことと、ちょっとした怖いもの見たさもあり、さっそく見に行ってみたいと思います!

◆「キモだめし展」の基本情報◆
開催期間:2021年6月4日(金)~7月17日(土)
会場:東京ソラマチ®スペース634
時間:10時00分~20時00分
※入場は閉場の30分前まで
※最終日の7月17日は18時閉場
料金:大人900円/子供(4歳~小学生まで)700円
公式HPキモだめし展

気持ち悪い生き物に会いに東京ソラマチ®へ!

気持ち悪い生き物たちに会いに、子供と2人で東京スカイツリーにやってきました(*´▽`*)

f:id:ogawasss0827:20210609173903j:plain

会場は東京ソラマチの5階、イーストヤードの11番地にあります。

f:id:ogawasss0827:20210609173936j:plain

チケットはセブンイレブンやローソンなどの各コンビニで発売されているほか、会場の入口前でも販売されています。

f:id:ogawasss0827:20210609174011j:plain

筆者はセブンイレブンで事前に購入♪

当日に入口でチケットをお買い求めの場合は、ソラマチ内の各所に置かれているパンフレットに100円割引券が付いているので、そちらを入手してから会場に行くと少しだけお得ですよ♪

f:id:ogawasss0827:20210609174104j:plain

閲覧注意!気持ち悪い生き物が大集合の「キモだめし展」へ

では、さっそく会場に入っていきたいと思います!

◆注意◆
※ここから先は気持ち悪い生き物の写真がいくつか登場するので、苦手な方はご注意ください。
※ネタバレ的要素もあるので、実際に訪れようとお考えの方も先に見てしまわないようご注意ください。


生き物たちの生態環境への配慮はもちろんのこと、「キモだめし展」という展覧会名もあってか、会場には暗幕が張ってあり、薄暗くてお化け屋敷のような雰囲気(☆∀☆)

f:id:ogawasss0827:20210609174202j:plain

会場内は大きく4つのエリアとショップに分かれているので、順にご紹介していきます!

世界のキモい生き物たち

始まりは「世界のキモい生き物たち」から!

f:id:ogawasss0827:20210609174245j:plain

いきなり誰もが「気持ち悪っ!」と思う代表格のようなウニョウニョが登場したかと思えば、ちょいと可愛い生き物たちまで(*‘∀‘)

f:id:ogawasss0827:20210609174349j:plain

f:id:ogawasss0827:20210609174341j:plain

これから鑑賞される方もいらっしゃるかと思うので、ここでは詳しくはご紹介できませんが、その後もキモい生き物がドン・ドン・ババーンッといった具合に登場し、2つ目のエリアの「毒をもったヤツら」ゾーンへと続きます!

毒をもったヤツら

2つ目のエリアでは、ヘビやカエル、あの有名な毒グモからサソリまで、毒々しいヤツらが大集合していました(;゚Д゚)

f:id:ogawasss0827:20210609174534j:plain

毒を持った生き物はビビットな色をしていることが多く、パッと見は綺麗なんですが、自然界で思わず触れたりしたら大変なヤツらばかりです(>_<)

f:id:ogawasss0827:20210609174613j:plain

生き物たちに見入っていると、前を行っていたカップルから「キャアッ!」という悲鳴がΣ(゚Д゚)

f:id:ogawasss0827:20210609174905j:plain

お化けのかわりにリアルな虫が本当に放たれてるのでは!?と不安になりましたが、悲鳴の原因の正体はどうやらコチラのようです▼

f:id:ogawasss0827:20210609174943j:plain

床に投影された無数の気持ち悪い虫たち!手をかざしてみるとまるで自分の腕を這っているかのよう(・∀・)

f:id:ogawasss0827:20210609175043j:plain

無数の虫たちの投影エリアを越えると、お次は苦手な方も結構多いはずのゴキ〇リが集う「世界のG」ゾーンへと続きます。

世界のG

いるわ、いるわ、世界中のゴキブリたち!

f:id:ogawasss0827:20210609175158j:plain

よく日本でみかけるGたちもいれば、全長7cmもあるマダガスカルオオゴキブリまでΣ(゚Д゚)

f:id:ogawasss0827:20210609175232j:plain

ショーケースに入っているので判りませんでしたが、こちらのゴキブリは威嚇するときに「シューシュー」という鳴き声を発するとのこと…なんて恐ろしい(T_T)

ここまでの間に、背筋というよりかは大分両腕辺りがゾワゾワと筆者は寒くなってきていたのですが、息子は全然平気なようで透明なガラス1枚隔てたショーケースの間近で鑑賞(;゚Д゚)

f:id:ogawasss0827:20210609175340j:plain

ゴキブリタワーという、なるべくなら存在してほしくないタワーの前で記念撮影も。

f:id:ogawasss0827:20210609175701j:plain

タワーを過ぎると、最後の展示ブース「昆虫食の生き物たち」のゾーンが見えてきます。

昆虫食の生き物たち

昆虫食の生き物たちゾーンに足を踏み入れると、すぐにデカいクモが!

f:id:ogawasss0827:20210609175815j:plain

昆虫食というので、食べれる昆虫だけの展示かと思いきや、昆虫を食べるでっかなクモまでいるとは(T_T)

f:id:ogawasss0827:20210609175843j:plain

その他の昆虫食の生き物たちの鑑賞も終え、鳥肌マックスになりながら、なんとか展示エリアを抜けましたー(≧▽≦)あー、気持ち悪かった!

ショップ

展示エリアを抜けると、暗幕もなくなって明るくなり、入口裏に位置するショップに辿りつきます(*´▽`*)

f:id:ogawasss0827:20210609175917j:plain

展示内容にピッタリなグッズばかりで、思わず吹き出してしまうような商品もたくさん販売されていました!

f:id:ogawasss0827:20210609180042j:plain

なにかと話題の昆虫食

f:id:ogawasss0827:20210609180022j:plain

マジで食欲が失せそうな虫の食器類

使う勇気もなければ、誰かにプレゼントする勇気もありませんが、イタズラや面白グッズとしては楽しいかと思うので、ぜひ色々とみてみて下さいね♪

おわりに

現在まさに開催中の「キモだめし展」のご紹介はいかがだったでしょうか?

f:id:ogawasss0827:20210609180301j:plain

想像はしていたものの、イメージよりも思いのほか気持ち悪くて、子供と一緒に悲鳴をあげながら楽しむことができました!

f:id:ogawasss0827:20210609180444j:plain

暑い日が続く最近、背筋がゾクッとくる寒さではなく、両腕辺りがゾワゾワッとする寒さを味わいに、ぜひ「キモだめし展」へ行ってみて下さいね(*´▽`*)

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。