One Access

足を使った旅行・お出かけを中心に、各地の素敵なスポットや文化、グルメについてご紹介!ニッチな情報から個人的に頂いたご縁まで幅広く♪

【北海道】然別湖で登山を楽しもう!南ペトウトル山に挑戦!

f:id:ogawasss0827:20210825113041j:plain

最近食べてばかりと言われる、十勝在住ライターのシナモンだよ!

食レポ記事が続いたこともあり、そろそろ運動もせねばと思い、北海道十勝にある然別湖のお山「南ペトウトル山」にチャレンジしてきたよ(≧▽≦)

もう辛くて辛くて、休み休み登って、なんとか登頂成功!今回はその時の様子について紹介していくよ♪

 然別湖からすぐのお山「南ペトウトル山」とは?

まずは、「南ペトウトル山」というお山について簡単にご紹介!南ペトウトル山は、北海道鹿追にある然別湖のすぐそばにあるお山。

f:id:ogawasss0827:20210825113301j:plain

ホテル風水と然別湖

然別湖温泉街のホテル風水の近くに登山口があって、標高は1,425m。登山口から頂上までの標高差は548mで、登り1時間50分、下り1時間10分が平均タイムとのこと!

f:id:ogawasss0827:20210825113156j:plain

初挑戦のお山なので、どんなものかとドキドキですが、さっそく登っていきたいと思います(^^)/

南ペトウトル山に登ろう!

さきほどご紹介したように、南ペトウトル山の登山口はホテル風水の近く、斜め向かい側辺りにあります。

f:id:ogawasss0827:20210825113451j:plain

車は登山口からもほど近い、無料の然別湖畔公園駐車場に停めます。駐車場のすぐ近くにお手洗いがあり、そのすぐ横には然別湖ネイチャーセンターもあります。

f:id:ogawasss0827:20210825113534j:plain

こちらで登山マップや登山情報を入手することができるので、事前に寄っておくと安心ですよ♪

南ペトウトル山頂上を目指して、いざスタート!

ホテル風水から糠平方面へと向かって車道を進んでいくと、すぐ左側に登山口が出てきます。

f:id:ogawasss0827:20210825113611j:plain

入林届の記入を済ませたら、いよいよ山道を登っていきましょう!

f:id:ogawasss0827:20210825113705j:plain

草木に覆われた道をひたすら登っていきます。

f:id:ogawasss0827:20210825113757j:plain

道中にはベンチなどが置かれた休憩スポットなどはなく、適当な場所を見つけて休むしかありません。

f:id:ogawasss0827:20210825114013j:plain

シナモンは道中にあったこういう木に助けられたよ!

ネイチャーセンターの方も仰っていましたが、南ペトウトル山は夏の炎天下は直射日光が続き、かなり暑いとのこと。

f:id:ogawasss0827:20210825114103j:plain

日差しが厳しい登山道

シナモンも最初から暑さにやられて、木陰や風通りのいいところを探して、頻繁に休みながらの登山になったよ(>_<)

草木に覆われた単調の道がひたすら続いて、道中に1合目や2合目などを知らせる道標もなく、なかなかゴールが見えない道のり( ´^`° )

f:id:ogawasss0827:20210825114149j:plain

 それでもひたすら頑張って登っていくと、ようやく標高があがってきたのが感じられ、振り返ると然別湖が見えてきます!

f:id:ogawasss0827:20210825114231j:plain
f:id:ogawasss0827:20210825114257j:plain

景色に励みをもらいながら、再びほぼ直登の単調なコースへ。

f:id:ogawasss0827:20210825114347j:plain

しばらくすると、急に視界が開け、頂上のようなスポットに到着(*゚▽゚)ノ

f:id:ogawasss0827:20210825114439j:plain

この時点でかなり歩いたような感覚があったので、ここが頂上かと思ったのですが、実はまだまだ先は続きます๐·°(৹˃ᗝ˂৹)°·๐

ちゃんと測っていたわけではないので正確なことは言えませんが、実感としてはこの辺りが中間地点のように思えました(T_T)

ゴールはまだまだ先と知って、再び歩き出します。

f:id:ogawasss0827:20210825114838j:plain

再び草木に覆われた道をジグザグに歩きながら進んでいきます。疲れと熱さがピークに達しそうなところで、なんとここ一番の急登が…きゃ━(;´༎ຶД༎ຶ`)━っっ!!!

f:id:ogawasss0827:20210825114945j:plain

一瞬引き返そうかと考えるほどの登りでしたが、ここさえ乗り切れば山頂まであと少しとのことで、最後のひと踏ん張り٩( ‘ω’ )وグッ!

f:id:ogawasss0827:20210825115031j:plain

傾斜のきつい坂道を登りきって、再びジグザクと歩み進めていくと、ようやく山頂に到着╰(*´︶`*)╯

f:id:ogawasss0827:20210825115100j:plain

頂上は開けていて、然別湖や十勝平野を見ることができました!

f:id:ogawasss0827:20210825115321j:plain

シナモン、自分の中でかなり頑張った(。•̀ω-)b

標準タイムは1時間50分とのことでしたが2時間半ちょっとかかりました!想像以上にきつく、暑さにかなりやられましたが、いい運動になりました(^^)/

f:id:ogawasss0827:20210825115408j:plain

今は再チャレンジは考えられませんが、次に登山にチャレンジする際のいい経験になったと思います(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

おわりに

然別湖のすぐ近くのお山、「南ペトウトル山」のご紹介はいかがだったでしょうか?

f:id:ogawasss0827:20210825115909j:plain

想像にきつく、登山タイムも長かったので、かなり堪えましたが、いい経験になりました!

f:id:ogawasss0827:20210825120015j:plain

下山後は然別湖前の足湯で疲れを癒したよ♪

これから他の山にもチャレンジしていきたいと思うので、どこか登ったらまたご報告しまーす(*> ᴗ •*)ゞ

 

ABOUT- この記事を書いた人-
 
 

あちこちに食べに行ったり見に行ったりするのが大好きなシナモンです!最近は写真を撮ることにもハマり中☆

 

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。