One Access

お出かけや旅行、グルメや文化など、幅広くご紹介♪

然別湖周辺の散策や登山後に♪大雪の深山の秘湯「かんの温泉」へ【北海道】

大雪の山奥にある秘湯「かんの温泉」に行ってきました!

電波も届かない十勝屈指の秘湯で、加温・加水は一切なしの源泉かけ流し(☆∀☆)

然別湖周辺の山々の登山後や散策後などにぜひ寄ってみてほしいイチオシの温泉なので、さっそくご紹介していきます(^^)/

大雪の深山の秘湯「然別峡かんの温泉」とは?

知る人ぞ知る十勝の秘湯「かんの温泉」は、北海道・十勝の鹿追町中心部から道道1088号線を30kmほど走った大雪の山奥にあります。

鹿追方面から然別湖へと続く道の途中に分岐があり、未舗装路もある川沿いの道を車で20分ほど行くと、深い森の中に宿がぽつんと出てきます。

かんの温泉の始まりは明治時代まで遡るそうですが、2008年に一度閉業し、その後2014年に新たな経営者のもと再び営業を開始しています。

その泉質は素晴らしいと古くから評判で、過去には北海道の温泉番付で東の横綱をとるほど!

館内に掲示されていた平成15年12初月北海道温泉番付より

温泉好きや秘湯ファンをはじめ、シーズンには日本全国の登山家がお湯を求めてやってくるほど、人気のお宿です。

「然別峡 かんの温泉」の場所▼

然別峡 かんの温泉の営業時間や料金について

大雪の深山の秘湯・然別峡 かんの温泉の基本情報は下記の通りです。

◆「然別峡 かんの温泉」の基本情報◆
住所:北海道河東郡鹿追町字然別国有林145林班
電話番号
[日帰り専用]
:050-5319-4068
[宿泊専用]:050-5319-6223
日帰り温泉受付:12時00分~17時00分(閉館17時30分)
※イコロボッカの湯(宿泊棟)は12時00分~14時30分まで
※幾稲鳴滝の湯(貸切露天風呂)は12時00分~14時まで
定休日
:火曜日
公式HP然別峡 かんの温泉

十勝の秘湯!かんの温泉の泉質や様子は?

かんの温泉には、13の源泉を利用した11の湯船があり、すべて源泉かけ流しです。加温・加水は一切なしで、泉質はナトリウム-塩化物と炭酸水素温泉。

ウヌカル(屋内湯船)とイナンクル(屋内湯船と露天)と呼ばれる大浴場のほか、半露天風呂のイコロポッカの湯、それに予約制の貸切風呂の幾稲鳴滝(いねなるたき)の湯が4箇所あり、毎日20時に男女切替があり、宿泊者は1度の訪問で全ての湯船を楽しむことができます。

ぬるい湯と熱い湯が並び、温冷交代浴のような感じで、ゆったりと長く温泉につかっていられます。

肌にすっと馴染んでじんわりと包み込んでくれるこのお湯の感覚は、一度入ると魅了されてしまうに違いありません(^^)

お風呂上りには、広々とした和室の休憩処もあるので、そちらで寛いでいくことも可能です。

日常の忙しさを忘れて、ぜひ大雪の山奥でゆっくりと癒されていって下さいね♪

おわりに

十勝の秘湯中の秘湯として知られている「然別峡 かんの温泉」のご紹介はいかがだったでしょうか?

鹿追市街や然別湖から少し離れた山奥ではありますが、わざわざ訪れる価値が十分にある期待を裏切らない素晴らしい温泉です!

携帯電話の電波も届かない、まさに秘湯の「かんの温泉」で、ぜひ癒しのひとときを過ごされてみてはいかがでしょう(^^)?

\かんの温泉のすぐ近く!然別湖で楽しめる登山の紹介はコチラから▼/

www.one-access.work

www.one-access.work

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。