One Access

足を使った旅行・お出かけを中心に、各地の素敵なスポットや文化、グルメについてご紹介!ニッチな情報から個人的に頂いたご縁まで幅広く♪

ブリーチの髪にカラー剤が入りすぎた!そんな時にオススメな自力でもできる対処法?選

f:id:ogawasss0827:20210826165428j:plain

明るい髪色が大好きな筆者は、カラーの時はほとんどブリーチベースの髪!

明るいカラーのなかでも、特に「外国人カラー」と呼ばれるような抜け感や透け感があって、アッシュ系の髪色が大好き♪

でも、美容師さん曰く、この髪色を筆者の髪で再現するのはなかなか難しいとのことで、理想の髪色にならないこともしばしば(T_T)

今回はブリーチの髪はもちろんのこと、カラー剤が思いのほか濃く入ってしまった時の対処法についてご紹介します!

自身で効果があると実感した対処法はもちろんのこと、美容師さん直伝の対処法もご紹介するので、ぜひチェックしてみて下さいね♪

ブリーチの髪を暗めにされるのが、なぜそんなに悲しいのか

ご自身の好みや職業柄など、ブリーチをしたことが無い方も多いかと思うので、具体的な対処法のご紹介の前に、「なぜ、そんなに悲しいのか?」ということについて語らせて下さい!

ブリーチ後に暗めの(しかも抜け感もない)髪色を嫌うのは、なんといってもせっかくのブリーチが台無しになってしまうこと(>_<)

美容室でブリーチするときって、大抵はダブルカラーという施術をしてもらうのですが、これはまずは色を抜いて(ブリーチ)、その後になりたい色のカラーを入れるので、時間がとってもかかります!

約4時間と考えてもらっても過言ではありません(ノД`)・゜・。

そして、カラーを2回してもらうような感覚なので、料金もお安くはありません。

時間にもお財布にも余裕がある方でしたらいいのでしょうが、筆者はそうではないので残念に感じてしまいます(T_T)

でも、暗い髪色を早く明るく方法は実はたくさんあるので落ち込まないでください!

美容室で対応してもらえる場合と自力でできる対処法の2つをご紹介するので、まさに今こんな状況に陥っているという方はぜひチェックしてみて下さいね♪

美容室にお願いする対処法

たいていの美容室では、施術後すぐか、施術してから10日以内(美容院によって異なります)でしたら、カウンセリング時のイメージとあまりに違う際には対応して下さいます!

せっかく施術してもらったのに仕上がりに対して意見するのはかなりの躊躇いがありますが、どうしても事前イメージと大幅に違うときは思い切って相談してみましょう♪

相手はプロなので、自身がイメージするより簡単に直してくれることもありますよ!

①脱色剤

これはブリーチとは違い、ブリーチした髪にいれたカラー剤を抜く薬!

ブリーチメニューがあるお店にはあると思うのですが、置いていないお店もあるので、こちらの対応をお願いしたいときは、直接そのサロンの美容師さんに聞いてみましょう。

②TOKIOトリートメント

仕上がりがちょっとくらい暗いという時や、もう少しだけ明るくしたいという時にオススメのTOKIOトリートメント!

内部補正してくれて髪通りもサラサラになるのに、なぜかカラーは落としてくれるという優れもの(≧▽≦)

脱色剤ほど効果はないので、微調整の際にオススメですよ♪

③やり直してもらう

あまりにどうしようもない時はブリーチからやり直してもらう場合もあるかもしれません。

ブリーチの時点で色がそこまで抜けず、仕上がりのカラーが再現できなかった際や、そもそもトリプルカラーが必要なレベルのカラーなのに、ダブルカラーで強行されてしまったりするとこういう結果を招くことも。

ブリーチからのやり直しは稀ですが、発色にこだわる方はカラーの入れ直しくらいは体験してしまう可能性があるかもです(>_<)

自力でもできる対処法

続いては自力でもできる対象方についてご紹介!

「美容師さんにいうのは申し訳なくてできないけど、それでもやっぱりこの暗い色はどうにかしたい」という方にオススメ♪

筆者もよく自力で髪色調整しているので、困っている方はぜひ試してみて下さいね!

①美容師さんもオススメ!海へ行く

カラー剤は海水が苦手なようで、海にもぐってしまえば、あっという間に金髪に戻してくれるそう(≧▽≦)

ただ、シルバーとか淡い髪色も一緒に落ちてしまうので、本当に暗すぎて困っているくらいの際の手段くらいに考えておきましょう!

ちなみにプールでも、色落ちが早まりますよ♪

②高温のヘアアイロンをあてる

続いては、温度調整可能なヘアアイロンをお持ちの方でしたら簡単に試せるオススメの方法!

200度くらいに設定してヘアアイロンするだけ(≧▽≦)

髪はやや傷んでしまいますし、やはり弱い髪色は飛んでしまいますが、それなりに明るい色を取り戻してくれるので、カラーが気に入らなかった時などにもオススメですよ♪

③洗浄力の強いシャンプーを使う

お風呂で髪を洗う際に、洗浄力の高いシャンプーを使ってみるのもオススメ♪

女性の方は髪のことを考えて、普段からケア重視のシャンプーを使っている方も多いかもしれませんが、ここはグッと堪えて100~200円くらいで買えるリンスインシャンプーなどがオススメ。

男性用のスカルプシャンプーなども、結構いい仕事をしてくれます!

洗浄力強めのシャンプーで普段よりも念入りに、もしくは頻回に、時間を置いたりしながら洗うとより効果的!

ちなみに美容師さんのオススメ(カラーを落とす目的で)のシャンプーはメリットでした(*´▽`*)

④温泉に行く

温泉の成分によってはカラー剤を落としてくれるものも多々あります!

湯舟に髪をつけるのはNGなので、桶などに温泉を組んで、洗い場などでそっと髪を浸してみて下さい。

個人的には、サウナでも色落ちが進んだように感じました(^^)/

⑤絶対オススメしないけど一番強力な方法

最後にご紹介するのは、絶対にオススメしないけど、とっても強力な方法!

それは、ボディソープ食器用洗剤などで洗髪すること(;゚Д゚)

これは筆者は未体験なのですが、美容室で過去2回くらいこういった話を聞いたことがあります(^_^;)

どちらの美容師さんも口をそろえて「絶対オススメしない」と言っていましたが、効果は抜群のようです。

どういう状況かは判りませんが、時間をかけて落とす余地がない方は、髪が大ダメージを受けるのを覚悟でやってみるのも1つの手なのかもしれませんね…

おわりに

ということで、今回はブリーチの髪にカラー剤が入りすぎてしまった時の対処方法についてご紹介させてもらいました(^^)/

転勤族でもあるために、なかなか気の合う美容師さんのもとに通い続けられない筆者は、いつも引っ越し先で美容室探しに苦労しています(;^_^A

一番は自分の髪色に対するイメージと美容師さんの相性かと思います!これは色だけではなくヘアースタイルでも一緒ですよね(*´▽`*)

自身の好きと近い感覚を共有できる美容師さん、そしてそのイメージを再現する技術がある美容師さん、欲を言えばフィーリングも合えば最高ですが、こだわる方は仕上がり重視でサロンを選んでみて下さいね♪

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。
※本記事はあくまで個人の体験による、個人的な感想です。この記事によって生じたあらゆる損害には責任を持てませんのでご了承ください。