One Access

お出かけや旅行、グルメや文化など、幅広くご紹介♪

2022年秋のコキアカーニバル!詳細や見ごろ、混雑回避情報【国営ひたち海浜公園・茨城】

春のネモフィラと並んで人気のシーズン、秋のコキアカーニバル

みはらしの丘を約3万3,000本の真っ赤なコキアが彩ります(≧▽≦)

2022年のコキアカーニバル開催まで約3週間!コキアカーニバルの詳細や見ごろの時期、混雑回避情報まで一足早くご紹介していきます(^^)/

\国営ひたち海浜公園・春のネモフィラシーズンの記事はコチラから▼/

www.one-access.work

2022年のコキアカーニバルついて

まずは、開催場所や開催期間、入園料金などについて!

開催場所は?

国営ひたち海浜公園内のみはらしの丘です。

春にはネモフィラが咲き青色に染まる丘ですが、秋は今度は真っ赤になります!

西口ゲートからの入場が一番近いですが、渋滞回避の為にあえて遠めの門から入るのもオススメですよ♪

国営ひたち海浜公園の場所▼

開催期間は?

2022年のコキアカーニバルの開催期間は、10月1日(土)~10月30日(日)まで。

この期間中は休園日無しで、毎日営業されます!

入園料金は?

 
大人(高校生以上):450円
中学生以下:無料
シルバー(65歳以上):210円

 

ただし、コキアの見ごろ時期である10月中旬の10日間程度は特別料金期間となります。

 
10月中旬の見ごろ時期の特別料金

大人(高校生以上):入園料(450円)+参加料(250円)の合計700円

シルバー(65歳以上):入園料(210円)+参加料(250円)の合計460円

※中学生以下は無料です。

 

特別料金期間は花の生育状況などにより毎年変わります。2022年の秋のコキアの見ごろ期間は2022年9月7日時点においてまだ未発表です。

2022年のコキアカーニバルの見ごろは?

2022年のコキアカーニバルの見ごろは、公式ホームページによると10月中旬ごろとのことです。

10月上旬は緑から赤へと変わっていくグラデーション期間、10月中旬は丘一面を染める赤一色、そして10月下旬は赤の色が抜けて茶色になっていく過程の黄金コキアが楽しめます!

一番人気はやはり10月中旬の真っ赤なコキアですが、その他の色合いも美しいのでぜひ見てみて下さいね♪

2022年のコキアカーニバルの混雑回避情報と狙い目は?

毎年多くの来園者が訪れるコキアカーニバル!混雑日を避けての来園が推奨されていて、公式ホームページなどでは「混雑予想カレンダー」が発表されています。

\公式ホームページの混雑予想カレンダーはこちらから▼/

https://hitachikaihin.jp/konzatsu-calendar/

※外部リンク(国営ひたち海浜公園の公式HP)にとびます。

上記の公式ホームページを見て頂ければ判りますが、期間中の土・日・祝日やや混雑・混雑・大変混雑と、やはり混み合うことが予想されています。

赤と緑のグラデーション機関の10月上旬平日(3日~7日)は空いている予想で、グラデーション期間から紅葉期間へと移行する11日~14日も空いている予想

そして紅葉真っ只中の10月中旬の17日~21日は、さすがに平日でも混雑マークが続いています。

黄金コキアの期間に突入する10月下旬の平日(24日~28日)は、再び空いている予想に。

以上を踏まえて、2022年のコキアカーニバルの混雑回避の狙い目は、やはり11日~14日の平日ではないでしょうか(☆∀☆)!

何色のコキアを見たいか、見ごろと混雑予想と睨めっこしながら、ぜひ計画を立ててみて下さいね♪

おわりに

ひとあし早い、2022年秋のコキアカーニバルの詳細・見ごろ・混雑回避情報のご紹介はいかがだったでしょうか?

2022年9月5日時点のみはらしの丘の様子

公式ホームページを中心に、これからより詳しい情報が公開されていくので要チェックです!

筆者も丘一面を真っ赤に彩るコキアを見に行こうと思っているので、訪れた際にはまたご紹介しますね♪

\赤くなる前も必見!夏~初秋に見られる緑色のコキアの記事はコチラから▼/

www.one-access.work

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。